薬の基礎知識

薬と付き合っていく上で基本的かつ大事なことまとめました。

一般用医薬品、医療用医薬品共に共通する内容です。

例外はありますが、その場合、薬剤師や登録販売者が説明します。

 内服薬の飲み方

コップ1杯の水かぬるま湯で飲みましょう。

水以外の飲み物で薬を飲むと胃のpHが変わったり、薬のコーティングが剥がれたりします。

薬を飲んですぐに横にならないようにしましょう。

食道にお薬がつまったり、くっついたりすることがあります。 

飲み方の用語解説

                 

用語 飲むタイミング 飲むタイミング主な薬
食前 食事の30分位前 漢方薬や吐き気止めなど
食直前 食事のすぐ前 一部の糖尿病の薬など
食後 食事の後30分以内 多くの薬
食直後 食事のすぐ後 一部の水虫の薬など
食間 食事の約2時間後 漢方薬など
就寝前 寝る30分位前までの間 便秘薬や睡眠薬など
頓服 症状に応じて一時的に服用 解熱鎮痛薬など

薬を飲み忘れた場合

薬は服用後、体内の濃度が急速に高くなり、時間の経過とともに尿や便となって排泄されていきます。薬の服用回数は、この事情に合わせて決められていることが多いです。したがって、服用回数から次に飲んで良い間隔を判断します。

一般的には

  • 1日3回飲む薬…4時間以上
  • 1日2回飲む薬…5時間以上
  • 1日1回飲む薬…8時間以上

が空けてほしい服用間隔です。

つぎの服用まで時間があれば直ぐ飲みましょう。

少し足りなければ、次回の薬の服用を少し遅らせましょう。

次の服用時間が近い場合は1回飲むのを諦めましょう。

2回分を一気に飲むのは控えましょう。

漢方薬は食前や食間服用ですが、飲み忘れた場合は食後でもかまいません。

薬を変える場合

服用間隔と同じ理屈で考えましょう。

例えば、1日3回の薬を1日2回の薬に変えるとき、4時間ほど間隔を空ければ大丈夫です。

複数の種類の薬を飲む場合

例えば、花粉症の薬を飲みながら便秘の薬を飲みたい場合など。無理に自己判断せず購入時に相談をお勧めします。薬ごとに相互作用、成分の重複服用や薬のコーティングの問題などがあります。

薬の保管方法

薬の保存には温度と明るさ、湿度が大事です。

多くの飲み薬は1〜30℃で保存しましょう。夏に注意です。

直射日光に当たる場所に保存していると効果が低下する場合があります。棚や箱に保存しましょう。

湿度については水場の周辺に保管しないようにしましょう。

医療用医薬品には注射などの上記保存条件と違った薬があります。薬剤師が教えてくれるでしょう。

幼児の誤飲事故が結構あります。手の届かない場所に置きましょう。

薬の副作用について

副作用には花粉症の薬の眠気ように受け入れて日常生活で注意すべき副作用と、アレルギー反応のように疑いがあれば直ぐに服用を中断して、医師または薬剤師に相談するべき副作用があります。

一度副作用を経験したらどの薬でどんな症状が出たか記録しておきましょう。

 

※とくに副作用に注意しなければならない人

  • 特異体質(アレルギーなど)のある人
  • 過去にひどい副作用を経験している人
  • 肝臓など、お薬を代謝する臓器に疾患のある人
  • 他にもお薬を飲んでいる人
  • たばこやお酒の習慣のある人
  • 妊娠している女性(胎児への影響の問題)
  • 仕事などで特別な環境にある人(例:高所での作業が多い人、プロドライバーなど)