旧えびす調剤薬局のブログ

ブログの引っ越し中です

かぜ薬の選び方

移転しました。

f:id:kusurisi:20170927113223j:plain

風邪の原因の多くはウイルスによるもので、医療機関で受診したとしても具体的なウイルスを特定することはせず、特定したところでそのウイルスを殺す薬はありません。このため風邪には対症療法か漢方薬しかありません。つまり大抵の場合は一般用医薬品で問題なく、医療機関を受診する必要がないわけです。

 

 目次

 医療機関を受診すべき場合

インフルエンザ流行時期、高齢者、乳幼児など

症状としては39℃以上の高熱や症状が激しい場合、市販薬を飲んでもなかなか治らない場合など

市販の医薬品は効き目が弱い?

よく一般用医薬品は効かないと言われますが、含まれている成分の種類や量が特別だったりということはありません。これにはいくつか原因があるかと思われますが、一つに症状と成分が一致していないということがあります。ここが風邪の薬の要点だと思います。

かぜ薬の選び方は引き算

例えば抗ヒスタミン成分。鼻水に効く一方で、鼻水や痰を硬くする作用があります。鼻水の症状が無ければ不要というよりマイナスです。また、それぞれの症状は風邪に対する体の防御反応です。症状は辛くない程度にほどほどあった方が良いです。過度に抑えることは良くありません。

かぜ薬の成分

というわけで、かぜ薬を選ぶ際はその成分の特徴をよく知ることが重要になってきます。そこで、かぜ薬によく含まれている成分について解説します。薬剤師や登録販売者のサポートの下、パッケージと症状を比較してより良い薬を選択できればと思います。

解熱鎮痛成分

<主な成分>アセトアミノフェン、イソプロピルアンチピリン、イブプロフェン、エテンザミド

37℃とか体温がそれほど高くなく、かつ体力がある場合は敢えて服用する必要はありません。38℃くらいを基準に体温と体力のバランスでいるかいらないか考れば良いです。こう考えると効果の強弱はそんなに問題にはならないと思います。

鼻水を改善する成分

<主な成分>カルビノキサミンマレイン酸塩、クレマスチンフマル酸塩、クロルフェニラミンマレイン酸塩、ケトチフェンフマル酸塩、ジフェニルピラリン酸塩、ジフェンヒドラミン塩酸塩、トリプロリジン塩酸塩、メキタジン

注意点は鼻水の分泌が減ると濃度が上がり粘度が上がることです。痰や鼻詰まりを悪化させる場合があります。鼻づまりではなく鼻水が出るときに使用しましょう。あと、眠気が出るので注意が必要です。緑内障や前立腺肥大の人は使えません。眠気を利用して寝てしまうのもいいかもしれません。

咳止めの成分

<主な成分>dl-メチルエフェドリン塩酸塩、ジメモルファンリン酸塩、ジヒドロコデインリン酸塩、チペピジンヒベンズ酸塩、デキストロメトルファン、ノスカピン

いくつかの病気に影響します。パッケージを読んでみましょう。該当しても絶対に飲んではいけない訳ではありませんが、購入時に相談する必要があります。

 

 痰を切る成分

<主な成分>L-エチルシステイン。L-メチルシステイン、アンブロキソール塩酸塩、グアイフェネジン、グアヤコールスルホン酸カリウム、ブロムヘキシン塩酸塩

正確には痰の切れ方が違いますが、大雑把に考えてもいいかと思います。〇〇システインは硫黄元素が含まれているためか若干薬物アレルギーの頻度が高いです。

頭重感を改善する成分

カフェイン

頭をスッキリさせる成分です。クロルフェニラミンの眠気を打ち消すほどの効果はありません。また、短期使用なので習慣性などは問題にはなりません。

 喉の痛みを改善する成分

<主な成分>トラネキサム酸

リゾチームも一応これに該当しますが、医療用医薬品のリゾチーム製剤が医療上の有用性は確認できないということで自主回収しました。

リゾチーム塩酸塩製剤「レフトーゼ®」の販売中止と自主回収のお知らせ | NEWS 2016|日本新薬株式会社

漢方薬の選び方

西洋薬では症状の管理がポイントなのに対して体力の管理が漢方薬の選び方のポイントになります。また、体質に合っているかどうかの問題があるので購入前には相談してみましょう。

 風邪の初期の漢方薬

発汗があるか無いかがポイントです。

体力があり、汗が出ない場合は葛根湯

所謂実証向けの薬です。麻黄と桂皮の発汗作用によって汗と共に病邪をはらうものです。加えて体の節々が痛い場合は麻黄湯があります。

鼻水、鼻詰まりなら小青竜湯もあります。こちらも自然発汗のない実証向けです。

虚弱な人で発汗がある場合は桂枝湯

所謂虚証向けの薬です。体力の消耗が強く風邪の自然治癒が妨げられているので、生姜などで体表面が暖かくすることで体力消耗を抑えるものです。

頭痛や発熱、悪寒、咳などがあって、麻黄湯みたいなものが欲しい場合は桂麻各半湯があります。名前の通り桂枝湯と麻黄湯が半分ずつ入った漢方薬です。全く虚弱というより比較的体力がない場合が適しています。

さらに胃腸が弱く虚弱で桂枝湯もダメな方には香蘇散があります。

せきの症状が続く場合の漢方薬

比較的体力がある人で咳が強くなって痰に粘りが出た場合は麻杏甘石湯、体力が中等度から虚弱気味の人で咳が続く場合は麦門冬湯が挙げられます。

風邪の後期でおなかの調子が悪くなった場合の漢方薬

肋骨の下あたりが重苦しくなった状態で、発熱と悪寒が交互に起こる場合、小柴胡湯があります。体力が中等度からややある人向けです。

高齢者や虚弱体質の場合

寒気が強くて、微熱はあっても熱感が無い。倦怠感や悪寒、無気力などがある場合、麻黄附子細辛湯があります。

当薬局が作った薬

えびす調剤薬局感冒13号A

特徴がないことが特徴です。あえて言うならdl-メチルエフェドリン塩酸塩が若干多いことです。上記で成分ごとに選んだらといいながら、ほとんどの成分を含んだ薬です。

 

store.shopping.yahoo.co.jp

えびす調剤薬局感冒9号A

咳止めの成分が含まれていません。

store.shopping.yahoo.co.jp

えびす調剤薬局解熱鎮痛薬1号A

熱を冷まして体表面を温めます。結果、体力温存につながります。

冷えピタを頭に張って、ショウガ湯を飲むような感じの薬です。

store.shopping.yahoo.co.jp