いっぱいある健康食品。あなたの選び方、本当にそれで合ってる?

f:id:kusurisi:20170710134017j:plain

  巷にはたくさん健康食品があります。あまりにたくさんあるので、どの商品がどのような人を対象にしているのか、似たような商品で何が違っているのか訳が分からないといったことは無いでしょうか。私も把握しきれません。国は健康食品をいくつかに分類しているので、制度をよく知ることで全く知らない商品でも信頼性があるかどうかある程度分かるようになると思います。なので、これから健康食品の利用を考えている方や、いま現在使われている方も含め安心して使うために、今一度見つめ直してみてはどうでしょう。

目次

 

健康食品の分類

健康食品は下の画像の通り、いわゆる健康食品、機能性表示食品、栄養機能食品、特定保健用食品の4つに分類されます。

 

f:id:kusurisi:20170615171848p:plain

 「健康食品」のホームページ |厚生労働省より引用

 

保健機能食品とは

保健機能食品制度とは、健康機能食品のうち国の認定した一定の基準を満たす食品を「保健機能食品」と称することを認める制度です。

現在、保健機能食品は、国への許可等の必要性や機能等の違いによって、「特定保健用食品」、「栄養機能食品」、「機能性表示食品」の3つにわけられます。

 

①特定保健用食品

  まず定義から見て見ましょう。

からだの生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含む食品で、血圧、血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、おなかの調子を整えたりするのに役立つ、などの特定の保健の用途に資する旨を表示するものをいいます。

(消費者庁より引用)

 特定保健用食品は消費者庁の「許可」を得る必要があります。具体的には消費者委員会及び食品安全委員会、規格基準型であれば事務局による審査を受け、独立行政法人国立健康・栄養研究所または登録試験機関による許可試験を受けることになります。

 つまり、その特定保健用食品が「特定の保健の用途に資する」かについては国が深く関与し、民主的(?)に検討されるということです。一企業のデータだけに基づいていないという長所があります。この点が下記の機能性表示食品との違いです。

 このようなことから、特定保健用食品に表示された内容は確実性が高いということが分かります。健康食品を迷ったら、まずは特定保健用食品から検討するのが無難でしょう。 

②栄養機能食品

栄養成分(ビタミン・ミネラル)の補給のために利用される食品で、栄養成分の機能を表示するものをいいます。

(消費者庁より引用)

  栄養機能食品は許可も届出も不要ですが、ビタミン・ミネラルの効果の確実性については異論は無いでしょう。一方、夏バテに対するビタミンBの補給や妊娠時の葉酸の補給、ダイエット時のビタミンB群の補給、あるいは食生活の乱れの改善など一つのビタミンであっても多種多様の目的に使用できます。 この点が一つだけの目的作られた特定保健用食品とは違います。

  規格基準に記載された効果以外の表示を行うことはできないため、この食品が一体何のための食品なのか訳がわからないかもしれません。商品選びのポイントは販売店で目的を伝えてアドバイスを貰うことです。

 ③機能性表示食品

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

(消費者庁より引用)

  特定保健用食品が許可なのに対して、機能性表示食品は届出によって認められます。つまり、消費者庁は「特定の保健の用途に資する」かどうかの判断を行っておらず、一定の届出基準を提示しているのみであるということです。したがって、機能性表示食品の有効性や安全性は一企業の資料に依存していると言えるでしょう。とは言うものの届出基準は甘い内容ではなく、安全性や品質管理、科学的根拠などガイドラインに沿って一定の基準を満たした食品であることは事実でしょう。

 「いわゆる健康食品」

  国の審査を受けて表示を許可・認定された「特定保健用食品(トクホ)」などを除き、健康の保持・増進に関係する効果、機能等を表示して販売・利用される、法律に明確な定義がない栄養補助食品や健康補助食品、サプリメントなどを指します。効能や保健の効果、薬の効能効果は表示できません。

消費者庁、「いわゆる健康食品」の表示方法ガイドライン公表

 また、国からの許可基準がありません。言うなれば自己責任です。 良い食品もあるだろうことは否定しませんが、それを裏付ける第三者がいません。健康被害などの問題もよく起こっています。選択肢としては最後になるでしょう。詳しくは他の記事で紹介できたらと思います。

あまりに多い健康食品

 一つの目的に対してそれに資する健康食品はたくさんあります。例えばダイエットが目的だとして、食事の脂質の吸収を抑える特定保健用食品や、ビタミンB群を含む栄養機能食品を補給してエネルギー代謝を活発にするなどアプローチは様々です。まずは目的を明確にして3つの保健機能食品の特徴を理解しつつ、大手ドラッグストアなどたくさん商品が取り揃えてある販売店で相談することが最も理想的です。

まとめ

  消費者庁が許可しているので特定保健用食品がまずオススメ。機能性表示食品も一定の届出基準を満たしているので信用できる。栄養機能食品は成分がビタミン・ミネラルなので成分の信頼性は確かだが、目的に合う商品を選ぶことは難しい。その他の健康食品は慎重に。一つの目的でもアプローチは複数あるので 目的を明確にしてからドラッグストアで相談して見ましょう。