薬に対する食べ物の影響についてまとめてみた

f:id:kusurisi:20170612141416j:plain

 薬を買うとき一緒に口にしてはいけない食べ物について説明されたことはないでしょうか。薬局に行って習慣的に食べているものについて事細かに聞かれたことはないでしょうか。一部の食べ物は薬の効果を上げたり下げたりします。どうしてそのようなことが起こるのでしょうか。

 まずは薬が体に入って出ていくまでの流れを考えていきましょう。

 薬が体に入って出て行くまで

 複雑な過程を考察するには、まず分割してみることが大切です。薬が身体の中に入る、広がる、変化する、出て行くの4つに分割して考えるとわかりやすいでしょう。専門用語ではそれぞれ、吸収(Absorption)・分布(Distribution)・代謝(Metabolism)・排泄(Excretion)と呼ばれ、頭文字を取って”ADME(アドメ)”と呼ばれたりします。一つずつ見ていきましょう。

 ・吸収

 錠剤は口から入って、溶けながら胃の中を通過し、小腸に到達します。ほとんどの薬はこの小腸で吸収されます。ここから門脈と呼ばれる血管を通って、肝臓へ運ばれ全身の血管に広がって行くことになります。

 吸収には濃度勾配に従う単純輸送と、担体介在輸送があります。薬には単純拡散により吸収されるものと、担体介在輸送されるものがあります。トランスポーターと呼ばれる薬の通り道があり、これは単純拡散により吸収されない薬を吸収させるためのものです。担体介在輸送はこのトランスポーターを介して、薬を吸収します。この担体介在輸送には、薬を吸収するものだけでなく、排泄するものもあります。

 薬と食べ物の相互作用が起こりやすいのがこの吸収までの過程です。

  

・分布

  吸収された薬が全身にいきわたることを分布と言います。全身の血管内にいきわたった薬はいろんな臓器や器官、リンパ管にも分布します。薬の特徴によって分布の仕方に違いがあります。一般に、薬には油に溶けやすい脂溶性の薬と水に溶けやすい水溶性の薬があり、脂溶性の薬は体中に広く分布しやすく、水溶性の薬は脂溶性の薬に比べて分布しにくい傾向があります。

 身体の部位によっても分布する速度が異なっています。その部位の血流量や毛細血管の透過性、組織の容積によるところです。肝臓や腎臓、脳などは素早くたくさんの薬を取り込みますが、筋肉や大部分の内臓、皮膚、脂肪などへの薬の移行は緩やかです。

 

・代謝

 体には毒素を解毒する臓器があります。肝臓です。そのまま排泄されないような異物を排泄されやすい化学構造に変化させる機能が肝臓にはあります。

肝臓は脂溶性の薬物を水に溶けやすくし、腎臓に移行しやすくする働きがあります。代謝されなかった脂溶性の薬は胆汁(肝臓で作られ脂肪の消化を助ける液)中へ運ばれます。

  また、肝臓の働きは特定の化学物質を特定の形に代謝するのではなく、特定の「化学構造」を変化させるものです。未知の物質でも代謝できる便利な仕組みになっています。しかし、これが薬の相互作用の原因になります。また、肝臓以外にも小腸にも同様に働く酵素があります。

・排泄

 水に溶けやすい薬と肝臓で水に溶けやすい形に代謝された薬は腎臓から尿中に排泄されます(分子量の大きさも影響します)。代謝されなかった脂溶性の薬は胆汁中に排泄されて便として排泄されます。ただ、実際にはこれらの過程のうちの一つだけを辿るのではなく、〇〇%は胆汁、××%は代謝後尿中排泄といったふうになります。

 

なぜ食べ物が薬の作用に影響するのか

 ちゃんと体内に吸収されるために、飲み薬はいくつかの要件が求められます。水に溶けなければ消化液に溶けず吸収されないし、油に溶けなければ体内に吸収されません。こういった複雑な事情を抱える飲み薬なので、体の中のちょっとした違いにも影響を受けます。食べ物としてはありふれた成分であっても、薬との相互作用と考えると大事だということです。すべてを解説することは紙面上きびしいのでよくあるケースに絞って解説します。

 

食べ物が直接医薬品を失活させるケース

 食べ物や飲み物の中のミネラルなどによって効き目が低下する薬があります。有効成分とミネラルが化学的に結合してしまうため、有効成分の体内への吸収が低下してしまうことがあります。

 骨粗しょう症の薬でビスフォスフォネート系薬と呼ばれる薬がそうです。この薬は朝起きて飲んで30分間水以外摂取してはいけません。硬水も影響するようです。また、鉄剤をお茶で飲んではいけないという話は有名ですが(現在では否定的ですが)、鉄がお茶の成分と結合して効果が低下するという論理に基づくものです。

 

食べ物が胃に作用するケース

・食べ物は胃のpHを上げる

 胃は空腹時では胃酸によって強い酸性の状態になっています。ここに食べ物が入るとpHは劇的に上昇し中性近くまでになります。すると一部の薬が水に溶けにくくなったり、溶けやすくなったりします。

 これによってよくトラブルを起こすのが解熱鎮痛薬のNSAIDという分類の薬です。NSAIDはもともと水に溶けにくい酸性の物質ですが、空腹時だとさらに胃酸に溶けにくく(弱酸の遊離)、胃の粘膜細胞にちょっかいを出して副作用が発現します。このためNSAIDは食後に服用することが薦められます。逆に、炭酸飲料や酸っぱいジュースはpHを下げるのでやはり影響します。

 ・食べ物には油や脂肪分が含まれている

 大抵の食事には油が含まれているでしょう。油に溶けやすい薬はどうなるでしょうか。油に溶けやすい薬は食べ物によってその効果が強く現れる傾向があります。よく例に挙げられるのが長時間作用型の睡眠薬のクアゼパム(商品名:ドラール)です。この薬は食後に服用すると吸収量が増大します。この結果、効果が過剰に現れるため、空腹時にしか飲んではいけないことになっています。

 もちろん上記のNSAIDも水に溶けにくい薬なので食後に服用すると(いい意味で)影響を受けて、空腹時よりも吸収が上昇します。

 ここまでいかないにしろ、どの薬も大なり小なり食べ物の中の油の影響を受けます。

 ・胃が食べ物に反応する

 胃は食べ物が送られてくると、腸への食べ物の排出速度が遅くなります。すると一緒に飲んだ薬の吸収も遅くなります。抗生物質のアモキシシリン(商品名:サワシリン)やセファクロル(商品名:ケフラール)の吸収速度が空腹時と食後では結構変わるようです。

 ・小腸で食べ物がちょっかいを出す

 小腸には薬を代謝する酵素CYP3A4があります。小腸には、このCYP3A4という酵素によって薬の一部を吸収前に代謝する機能があります。これによって薬としての効果が低下する薬が結構あります。

 これに対してグレープフルーツジュースはこのCYP3A4を阻害して薬の吸収を増大させます。多くの薬が関係していますが、絶対にグレープフルーツジュースがダメかといえば薬の種類や飲むグレープフルーツの濃度などケースバイケースなので薬剤師に相談すればよいでしょう。果汁1%と濃縮還元の影響の違いはかなり大きいものです。

 ・他にもいろんなケースが 

 代謝の過程で影響するケースやその食べ物自体が薬の作用と逆の作用を持つケースなどもあります。

 一例をあげれば、前者には炭焼きビーフが肝臓の代謝酵素CYP1A2を誘導して一部の薬の代謝を促進するといったケース、後者には納豆とワルファリン等の食べ物に薬と逆の作用があるケースがあります。ビタミンKの作用を阻害することで効果を発現するワルファリンを服用中に、ビタミンKを多く含む納豆を食べると当然、その効果が低下します。

 

 その他いろいろ相互作用が起こることがあります。いっぱい相互作用はありますが、問題のあるものは予め薬剤師が説明するので過度に不安になる必要もありません。興味があれば聞いてみるのも良いでしょう。

まとめ

・薬と食べ物の影響は吸収の段階にある場合が多い

・どんな食べ物でも多少は薬に影響する

・大事な影響は薬を貰う前に専門家が説明してくれると思う